ほんのわずかな失敗で下落していく株

アメリカ株のファイアアイ|個人投資家のやり方

ファイアアイは、アメリカ株のひとつです。世界最大の株式市場であるアメリカの企業に投資できるというのが魅力です。少し広い世界に投資してみたいという人は、アメリカ株をやってみると良いでしょう。
日本の市場と知木、値幅制限がありません。市場の流動性を重視しているためで、日本のストップ高、ストップ安、というのも存在しません。
ファイアアイは、カリフォルニア州のミルピタスという所を拠点にしている、マルウェア対策システムやネットワーク攻撃対策のソリューションを提供している企業です。ウェブ、Eメール、ファイルといったセキュリティ、マルウェア分析など幅広くセキュリティ事業を手掛けています。
個人投資家が成功するには、ダメだと判断したら潔く損きりする、というルールに則って動くと良いです。値下がりしたままだらだら保有し続けている塩漬け株と、大きな損を出してしまう可能性が高くなります。
上昇傾向にある時には「もう少し上がるかもしれない」と思うくらいで少し手放すのが惜しいくらいです。それに対して値下がりした株に対しては「もう少し待ってたら上がるかも」「せめて買った値段ぶんは戻ってから売りたい」という気持ちがついてまわります。
値下がりしている時に損きりするというのは辛い作業ですが、それを続けているとすべての資産が塩漬け株になってしまう恐れもあります。
特に一時期大きく跳ね上がって伸びた株は、一度下がっても持ち続けてしまうことが多いです。「また一気に上がるかもしれない」という心理が働くからです。
大きな損を出さないようにするには、どこまで下がったら売るというようにルールを決めておくと良いです。その値まで下がったら、考えずに機械的に売ってしまいましょう。